eラーニング概要

学習の開始

学習の開始

eラーニングはインターネット環境にて行われます。
ご登録のご依頼から、システムの設定を行います。
個別のIDを発行致しますので、システムにログインして学習を開始してください。

学習の流れ

学習の開始

ガニエの9教授事象に基き設計したカリキュラム利用し、先生が自分自身の志を立てることを通して、志共育の重要性の理解とマンガテキストを使った志共育の方法をアクティブラーニングで進めていきます。

学習「導入」

受講者が学習に入り込めるよう注意を喚起し、学習することの目標を知らせることで、学習の意欲を高めることができます。

学習「解説」

重要なポイントを分かりやすく解説し、新しい知識を学習していきます。
この時、例の提示や実際に起こる事象と関連づけることで、新しい知識の理解を促進します。

学習「受講者ワーク」

学習の開始

子どもたちがマンガで行っているワークを、受講者(先生)はLMSの機能を活用して行います。
LMS機能を利用しアウトプットすることにより学習活動を行い、知識の定着と行動変容を促します。

学習「学生ワークについての解説」

生徒へのワークを行う前に注意点やポイントを確認します。先生自らが受講者として行った受講者ワークの直後に、生徒へのワークについての学習をさせることで理解を高めます。

学習「生徒ワーク風景」

学習の開始

受講者ワークで自分が「やったこと」を生徒へ「させる」授業の風景を見ることで、実際にワークを行うイメージを掴んでもらいます。