2020年からの新大学入試制度の対応策は”志共育”にあり。

志教育プロジェクトは、2014年の設立以来、「志をつないで良い世の中をつくる」ことを使命として、高い志を持つ人材を世の中に送り出す活動を行っています。そしてこの度、私立学校・学習塾などの教育機関・法人向けに、「志共育基礎・応用講座」を開講しました。新大学入試制度の対応するための最良の教育コンテンツ。

組織として指導力、教務力の底上げを図りたい皆様。 21世紀、淘汰されず進化・成長するための全てがここにあります。

 

 

●基礎講座1 eラーニング

志共育はどのようなものであるか、なぜ今志共育が必要かをその背景とともに分かりやすく解説。生き残るための秘策であることが分かります。

カリキュラム例:● 大学入試改革の背景 ● 志は夢や目標を達成しやすくする ● 志の一文をつくる

 

●基礎講座2 eラーニング

自分自身をより深く知り、志を明確にしていきます。さらに、聴き手の心に響く話し方を学び、志を人に伝える力を養います。

カリキュラム例:● 志を磨き上げる ● 志を体感する ● 志を伝える

 

●基礎講座3 公開講座のみ[東京・京都]

これまでに学んだ知識を活用して、志共育の授業を実施できるように実践力を養います。修了時には、認定講師資格を付与します。

カリキュラム例:● グループワークを通じて志を高め合う ● お互いの志を共有する関係を築く ● 志を、大勢の人とのアクティブラーニングを通してシェアする

 

●応用講座

志共育をさらに進化・拡大させることができ、貴校、貴塾のみならず、地域で志共育を推進・普及することができる資格です。実践する研修から実行力を養います。貴校、貴塾で若干名取得されることが望ましいです。

 

 

各先生が志共育を実践することで、生徒の志・夢が明確化し、目的意識が高まるため、指導者としてのモチベーションアップにもつながります。

公認講師資格を取得されると、各自治体が主催する教育イベント等で講演を行うことが可能となります。

大学・学部の志望動機が問われる新たな大学入試制度にも志共育はマッチ。他校・他塾では真似できない進学指導が可能になります。